カニ食べ歩き

中国料理 礼華 四君子草で上海ガニを頂きます

秋と言えばカニ、中華でカニと言えば、上海蟹の季節であります。東京ミッドタウン日比谷の3階にある上海料理店、中国料理 礼華 四君子草では、毎年上海カニの季節になると上海蟹のコース料理を楽しむことができます。
カニを食べるために金に糸目をつけないカニ友Nチャンが今年も上海蟹をレポートしてくれたので紹介させて頂きます。

どうやら一番お値段の張る、ダブル上海蟹コースを制覇したようです。コース料金は22000円、ドリンクはペアリング(8500円)を頼んだとのこと。ペアリングって何?って聞いたら料理に合わせてお店側が選んだドリンクを出してくれるサービスだそうです。

メニューはこれ。なかなか偉そうなメニューが並んでおりますな。上海蟹の紹興酒漬け、10種の前菜盛り合わせ、上海蟹と鶏豚挽き肉湖南風竹筒スープ、土鍋入りフカヒレ姿煮煮込み、活上海蟹の蒸籠蒸し甲羅詰め、ラム肉団子の串焼きズーラン風味、上海蟹薬膳リゾット、デザート盛り合わせ、という超豪華ラインナップ。おなか一杯なのに、よだれかけが必要になりそうなメニューですな。

中国料理 礼華 四君子草のメニュー

食べるのに夢中で全部の写真はないとのことですが、美味しかったものはばっちり撮影してあるとのこと。これは上海蟹の紹興酒漬け。黒い部分が卵で、もちろん生だけども、臭みゼロで大変濃厚で美味しかったらしい。ちゅるり、と食べる瞬間を思い出すとにやりとしてしまう至福の味。ペアリングのお酒はシェリー酒。おしゃれな上、ピッタリの組み合わせだったらしい。

上海蟹の紹興酒漬け

お次は上海蟹と鶏豚挽き肉 湖南風竹筒スープ。

上海蟹と鶏豚挽き肉 湖南風竹筒スープ

名前の通り蟹の肉と、鶏と豚のひき肉をつくね状にしてスープにしたものなんだけど、あっさり味で蟹のもつ風味がしっかり感じられる。

上海蟹と鶏豚挽き肉 湖南風竹筒スープ

いよいよメインの活上海蟹の蒸籠蒸し甲羅詰め。上側のオレンジ色っぽく見える部分は卵。つまり上側はメスの上海蟹で、下側の蟹がオスの上海蟹。食べやすくするために蟹肉は料理人が綺麗にほぐしてくれて甲羅の下側に敷き詰めてあるので、メスは卵(オスは精巣)と蟹味噌と蟹肉を一口でガブリと楽しむことができます。オスとメスがどっちが好きかは好みが分かれるそうですが、オスはゼラチンのような食感の精巣部の濃厚な味わいが特徴で、オスの上海蟹ファンは多いもよう。

活上海蟹の蒸籠蒸し甲羅詰め

〆は上海蟹の薬膳リゾット。

上海蟹薬膳リゾット

関連ランキング:上海料理 | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

中国飯店 六本木店で上海蟹で豪遊。お会計二人で12万8千円ww

隠れ家的、割烹「うぶかた」で店主おまかせのカニ料理に舌鼓

-カニ食べ歩き